2015年07月06日

七夕にふさわしいお花「朝顔」

明日は7月7日、「七夕(たなばた)」ですね。

お花屋さんからの「ピュアフラワー新聞」からの抜粋です。

七夕にふさわしいお花は「朝顔」ですが、別名「牽牛花」
(けんぎゅうか)と呼ばれ、牽牛には「牛を牽(ひ)く」と
いう意味がある。
中国では昔から朝顔の種が高価な薬で、朝顔の種を贈られた人が
牛を牽いて謝礼を交換した事が牽牛花の由来。
朝顔が七夕の時期に咲くのは、「牽牛」の名のように牛を牽いて
彦星と織姫が出会えた事のあらわれだ♪と言われている。

星に願いを.jpg

オカピさんの小さい頃は、「天の川」が見えました。
家の近くの道路も舗装されていない、お寿司や苺ショートケ―キ
が特別な日にしか食べられない、そんな時代でした。

その頃に比べて、得た物と失った物を「秤(はかり)」にかけて
みた時、どちらの時代が幸せだったのか?果たして人類は進化や
深化をしているのか?
真剣に考えないといけない時に来ている気がします。



薬剤師 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング

↑↑↑ 皆様の健康で幸せな毎日を応援しています♪
毎日の皆様のクリックが励みになりますので
宜しくお願いいたします。


posted by オカピ at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 漢方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。