2016年04月12日

障子の補修

昨日の続き、障子の補修のお話。

まずは破れたマスの所の障子紙をカッタ―で慎重に切り抜き
木枠の部分に、バーバが残りご飯で作った「糊(のり)」を
刷毛で途中から指で(笑)塗りました。
そこへ、1マス分に切った障子紙を貼っていったのですが・・・
バーバの糊が上手く出来ていなくて、障子紙がくっつかない!

昔はオカピさんの薬局でも「布糊(ふのり)」なる物を販売して
いました。遠い記憶ではA4サイズ位の板状になっていて
黄土色っぽい繊維がからまった固い感じがする代物。
原料は「紅藻」と言われる紅い藻類で、着物の洗い張りや洗髪
など色々な用途があったらしい。食用にも。
今でも、文化財の修復には欠かせないとの事。

着物.jpg

本来は布糊を使うのですが、残りご飯で代用したが失敗!
かくしてL君とオカピさんが破った、我が家の文化財(笑)は
チューブに入った工作用の糊で補修されました。
(その内に剥がれるかも!)
少し破れた所は、バーバ作(笑)の瓢箪の形に切り抜いた紙で
見事補修されました。

昔は障子貼りなんて、日常茶飯事の行事だったのでしょうが
今は昔のお話!
全体を張り替える時はいつも、プロの障子張り替え屋さんに
頼んでいます、ハイ。



薬剤師 ブログランキングへ

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村

ブログランキング

↑↑↑ 皆様の健康で幸せな毎日を応援しています♪
毎日の皆様のクリックが励みになりますので
宜しくお願いいたします。
posted by オカピ at 07:00| Comment(0) | TrackBack(0) | その他 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。